Man

人気の資産運用法リートとは~リクス回避の秘策~

給与所得者と税

男性

給与所得者と税制

所得税は、10種類の所得に分類した上でそれぞれ収入から所得を計算します。わかりやすい例でいうと事業所得であれば、収入から経費を差し引くことで所得が求めることができます。サラリーマンが得ている給与は給与所得に該当します。基本的にサラリーマンが確定申告をすることはないという形になっています。なぜなら確定申告の代わりに年末調整という制度が設けられているからです。年末調整によって毎月の給料から差し引かれていた源泉所得税の精算を行ってその人のその年の税額が確定します。この年末調整はサラリーマンに人気があります。なぜなら確定申告の手続きを行う必要がないからです。自分で申告書を作成する手間暇がかかるためあまり好まれていないのが現状です。

給与所得者の税制情報

サラリーマンが使える節税策はさまざまあります。たとえば医療費控除です。医療費控除とは所得税法における所得控除の1種であり、その年に支払った医療費の金額が一定金額を超える場合にその超えた金額が控除の対象となるものです。所得が2,000,000円以下の場合は100,000円を超える金額が控除対象となりその分だけ節税となります。他にも節税策はあります。特定支出控除と呼ばれる制度です。特定支出控除とはサラリーマンが業務を行う上でかかった費用の一部をいわゆる経費として処理することができる制度です。対象となる範囲も意外と広い範囲にわたって対象となるため人によってはかなり大きな節税効果を生み出すことができる制度です。